エリートサッカー選手の怪我リスクを解説(その2)ハムストリングの張りについてのさらなる洞察

著:マーティン・ブハイト博士(Dr. Martin Buchheit)キットマンラボ パフォーマンスリサーチ責任者 並びにデーリックマクフ博士(Dr.Derek McHugh)キットマンラボ データサイエンス責任者

以前のブログ,で、エリートサッカーにおける負傷率について 、チームが大規模なリサーチの中で自分たちの負傷をより簡単に評価できるように、実用的な言葉で説明しました。 このフォローアップ記事では、エリートサッカーで遭遇する最も一般的な怪我であるハムストリングの張りの週/月あたりの「予想される」怪我の数について、さらなる洞察を提供します(Ekstrand, 2021)。

この特定の部位の潜在的な週/月の負傷回数を提供するだけでなく、これらの負傷に関連する実際の負担、すなわち損失日数も詳しく見ています(Bar, 2017)。 実際にパフォーマンスと経済性の両面からチームにとっての怪我の実際の負担について考えるとき(Eliakim, 2020)、本当に重要なのは選手の稼働率なのです。 全体的に、これは単に怪我の頻度や発生率よりも、チームを離れる日数によってよりよく示されます。

私たちは、入手可能なベンチマーク(Ekstrand, 2021; Whalan, 2019; López-Valenciano, 2020)と、複数チームの協力によるデータの両方を調査し、最良から最悪のケースまでのシナリオを提供することにしました。 負傷頻度(月間回数に換算)と損失日数に関する数値は、表1に示したとおりです。

表1 参加時間が1000時間に達するまでに必要な週数は従来通り推定。 一部のベンチマークを使用する際の負担の算出には、一般的な平均損失日数18日(Ekstrand, 2021)を使用。示された割合と回数のばらつきに注意すること。 これは、怪我の危険因子、トレーニング、試合への露出に影響する特定のチームの状況に関係していると思われます。

結論として、状況(大会の基準、週に1試合か2試合か、シーズンの期間、年齢や過去の負傷歴、などの選手プロフィール)によって大きなばらつきがあるようですが、チームは月に1~2回のハムストリングの負傷、年間(5~12ヶ月)の合計損失日数は150~350日と予想されます。

論文はこちら “Elite football injury risk explained: translating 1000-hour injury rates into expected weekly injury counts” ここ。

参考文献

  1. Bahr R, Clarsen B, Ekstrand J. Why we should focus on the burden of injuries and illnesses, not just their incidence. Br J Sports Med. 2018 Aug;52(16):1018-1021. doi: 10.1136/bjsports-2017-098160. Epub 2017 Oct 11.
  2. Ekstrand J., Spreco A., Bengtsson H., Bahr R. Injury rates decreased in men’s professional football: an 18-year prospective cohort study of almost 12,000 injuries sustained during 1.8 million hours of play. Br J Sports Med. 2021 Oct; 55(19):1084-1091. doi: 10.1136/bjsports-2020-103159. Epub 2021 Feb 5.
  3. Eliakim E., Morgulev E., Lidor R., Meckel Y. Estimation of injury costs: financial damage of English Premier League teams’ underachievement due to injuries. BMJ Open Sport Exerc Med. 2020 May 20; 6(1):e000675. doi: 10.1136/bmjsem-2019-000675. eCollection 2020.
  4. López-Valenciano A., Ruiz-Pérez I., Garcia-Gómez A., Vera-Garcia FJ, De Ste Croix M., Myer GD, Ayala F. Epidemiology of injuries in professional football: a systematic review and meta-analysis. Br J Sports Med. 2020 Jun;54(12):711-718. doi: 10.1136/bjsports-2018-099577. Epub 2019 Jun 6. PMID: 31171515.
  5. Whalan M, Lovell R, McCunn R, Sampson JA. The incidence and burden of time loss injury in Australian men’s sub-elite football (soccer): A single season prospective cohort study. J Sci Med Sport. 2019 Jan;22(1):42-47. doi: 10.1016/j.jsams.2018.05.024. Epub 2018 May 31.
Scroll to Top