新年?それとも新時代?

Ita Cambiamenti

エリートスポーツ組織にとっては毎日が新年です。しかしながら、今年の抱負はいままでになく大きくなっています。

自己改善は通常多くの皆様の新年の抱負を上回りますが、競争の激しい世界においては毎日が
1月1日と言えます。そして、これは常に真実ですが、私たちはこれまで以上にリスクの高い新
年を迎えています。スポーツ組織はフィールドの内外において、いままでとは大きく異なる形
でパフォーマンスに取り組む必要があることを強く認識しています。財政的な維持、予算収支
の向上、一貫性のあるゲームパフォーマンス、将来を見据えたプロセス、組織の効率性、イノ
ベーション(革新)。これらは私達が常に会話の中心(本質)としているものです。伝統的な
チャンピオンであったとしても停滞し、過去のやり方に固執することは今後取り得る選択肢で
はありません。

2021年、スポーツ業界における最大の変化は、他の業界を変革した最新のビジネスルールの採
用になると予想しています。データを使用してコラボレーションし、戦略的な方向性を通知
し、影響力のあるリアルタイムの意思決定を行い、継続的に(絶え間なく)改善する方法を見
つけ、「成功」とは何か?において共通の見解を持つ、高度に統合された組織です。

3つの主要なトレンドが上記のシフトを推進します。

すべての部門が個々のプレーヤーまたはチーム全体の共通の目標セットに向けて取り組んで
おり、共通化されたパフォーマンスモデルによって複雑さを軽減することで良い結果をもら
たします。.

クラブの哲学に沿って才能を伸ばし、あらゆるレベルでの長期的な成長への体系化された
アプローチを通じて、各プレーヤーの可能性を最大化する、実現可能な成長のためのプロセ
スを提供します。

チームと各選手個人のパフォーマンスを最適化するためにより正確な計画とより優れたリ
アルタイムの適応性を通じて、一貫性・整合性を確保します。

これらの傾向(トレンド)はチームがこれまで運営してきた方法からの大きな変化を表しています。
以下に示すように、これらの変更をサポートするためには、組織、運用、および技術の
シフトを組み合わせる必要があります。そして変革をもたらします。

#1一緒に「より遠く」「より速く」

ほとんどのチームは、従来の部門主導のアプローチに対応しています。もちろん、彼らは一生
懸命働き、可能な限り協力してチームに貢献しています。しかしながら、彼らが達成できるこ
とはもっとたくさんあると考えます。人、情報、コミュニケーションが途絶えることにより、
以下の2つのことが起こります。

  1. 同期していない状況では、何が起こっているのかを完全に把握するための関連情報や視
    点が不足します。当然、意思決定に制限をもたらします。

  2. 意思決定が遅すぎるため、最も重要なタイミングで結果をもたらす機会が失われます。

2021年、チームはこのための道筋を積極的に追求します。 

-同期してより良い仕事をするための組織的および文化的な変化

そして意味のあるインサイトを提供し、コラボレーションを強化し、コミュニケーショ
ンを合理化し、プロセスを自動化するための運用上の変化と技術的な変化。-


上記の2つの経路を組み合わせることにより、組織内の全員が適切に収集した情報を適切なタ
イミングに活用することで、最も重要な領域においてアクションを実行できるようになりま
す。同時にオープン性、信頼、プロセス、プログラム、方法論を洗練する文化を構築します。

シカゴカブス(MLB)のハイパフォーマンス責任者のアダム・ビアード氏は最近、このトピッ
クに関する素晴らしい記事 を書きました


#2 タレント育成工場

チームが焦点を当てている2番目の領域はタレント(才能ある選手)であり、タレントの一貫
した成長管理プロセスを作成し、その適合性と可能性を最適化する必要性が高まっています。
チームがますます借金を負い、収益が圧縮された世界では、タレント育成に勝ったチームが優
位になります。

タレント育成に関する洗練されたアプローチがないため、組織は投資を最大限に活かせていま
せん。時間、お金、才能、機会はすべて失われます。そして怪我や可能性が活かしきれないこ
とによりキャリアが短くなります。

2021年は対抗するためにチームは以下の方法でタレントの成長管理プロセスを体系化しようとしています

  • エリートのパフォーマンスを可視化し、全ての育成レベルにおいてそこに到達する方法を定量化することによる「リバースエンジニアリングの成功」
  • プログラムとプロセスを洗練して、育成計画をあらゆるレベルで体系化および個別化し、成長と進行の向上を推進します。
  • リアルタイムデータを使用して、各個人の健康、スキル開発、パフォーマンスを最適化し、あらゆるレベルで各アスリートの可能性を最大化します。そして、
  • 個別の目標設定、育成計画、継続的な管理とレビューのための一貫した測定可能なアプローチの実装。
 

 

アスリートの全ての経験を初期の育成段階から最新の段階までデジタル化することにより、

チームは望ましいパフォーマンスを推進する重要な側面を定量化して、育成のプロセスとその
プログラムを継続的に改善できます。最も革新的なチームはより優れたタレントエコノミクス
から、より多くの情報に基づいた保持/リリースの決定までを可能とする、あらゆる分析が備
わった人材育成工場になる機会を見出しています。2021年はこれらに関する積極的な行動が見
所です。

 

 

#3 スポーツのスピードに適応する

前述した2番目の傾向(トレンド)は長期に焦点を当てていますが、3番目の傾向は
選手とチームが次の試合やすべての試合でリアルタイムでより多くの洞察と適応性が必要であ
ることに焦点を当てています。むしろこれが最重要項目に躍り出ても不思議ではありません。
遠征、スケジュールの複雑さ、選択、怪我、回復、フィットネス、強さ、パフォーマンスレベ
ル、栄養など、光の速さで説明して最適化する必要がある対象の複雑さは驚異的です。

2021年、多くのチームはより仕組み化され、同時に適応性をサポートするシステムを実装して
います。チームと各個人を最良の道に導くために共通化された実績に基づく計画のためにデー
タを使用すること、さらには測定データを適用可能とすることにより、チームと各アスリート
が常に完璧なパフォーマンスに向けて運転し続けることを望んでいます。

過去10年間の焦点はより多くのデータを収集することにあり、一部のチームはパターンと傾向
を特定するためだけに振り返りをしています。業界においてもチームにおいて、過去のデータ
を活用して未来を知るための能力をほとんど欠いていました。しかし現在はデータ活用して
チームが達成したいパフォーマンス、健康、および育成の成果に繋げるためのテクノロジーと
データサイエンスの手法が存在します。

2021年はコントロールセンターの年になり、チームは重要な情報と重要な質問への回答に対す
る部門間の可視化を実現します。

  • 私たちの目標は何ですか、そしてそこに到達するための計画は何ですか?
  • チームと各個人は順調に進んでいますか?
  • 誰が準備ができていますか、誰が準備ができていませんか?
  • 誰にリスクがありますか、誰がリスクにさらされていないのか?
  • なぜ、そして何が起こっているのですか?
 

 

熟練した専門家は、今日と明日、個人とチームのパフォーマンスを調整するために協力して、
ローテーションから回復まで、そしてその間のすべてで、毎週ジャージを着る人々を直接サ
ポートすることができます。

人材、プロセス、テクノロジー

現代のビジネス的慣習への旅に乗り出すチームが言うように、特効薬はなく、これは一夜にし
て起こりません。しかし、適切なパートナーシップ、人材、プロセス、テクノロジーがあれ
ば、どの組織も旅を始め、フロントオフィス、バックオフィス、コーチ、パフォーマンス、医
療全体で迅速に勝利を収め、持続可能性、一貫性、卓越した運営の道をより速く進むことがで
きます。 それは私たち全員が一緒にいる旅です。今後数週間から数か月の間に、これらの旅に
ついて、成功と教訓を共有できることを楽しみにしています。

以下のコメント、Twitter、またはstephen@kitmanlabs.comでのフィードバックを歓迎します。

スティーブンはキットマンラボの創設者兼最高経営責任者です。

 
Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Scroll to Top