お問い合わせ

リーグと運営組織のためのスポーツパフォーマンス分析ソフトウェア

LEAGUES &
GOVERNING BODIES
(リーグと統括団体)

コラボレーション、スピード、インテリジェンスを1つの高度なシステムに統合。 サイロをなくし、 データを行動に変える。 リーグ全体の運営とパフォーマンスの成果を強化します。

iP(インテリジェンスプラットフォーム)でデータ、プロセス、人材を統合

API連携

機能概要

PERFORMANCE
MEDICINE
(パフォーマンス医療)

基本的なコンプライアンスが遵守され、従来のEMRの限界をはるかに超えるパフォーマンス医療ソフトウェアで、医療スタッフに必要な統一的なビューを提供します。

INJURY LIFECYCLE MANAGEMENT
(傷害ライフサイクル管理)

傷害に関する詳細情報を取得し、すべての関連文書、診断、回復までの経過を管理します。

PARTICIPATION MANAGEMENT
(参加管理)

怪我による選手のアベイラビリティーへの影響を理解し、怪我による活動の制限、変更、または不参加を通知します。

PLAYER MOVEMENT
(選手の移動)

選手のトレードや移籍時に、チーム間でメディカルデータをリアルタイムで安全に転送し、正確性と包括性を確保します。

REPORTING & INJURY SURVEILLANCE
(レポート&傷害サーベイランス)

柔軟で簡単に作成できるレポートやダッシュボードで、組織、グループ、個人など、あらゆる階層の医療データを様々な角度から分析し、怪我の発生率、誰が怪我をしたか、どのように怪我が発生したか、怪我による稼働率や機会損失時間など、怪我による影響を深く掘り下げます。

TREATMENT & REHAB MANAGEMENT
(治療&リハビリ管理)

一元化された柔軟な情報管理システムで、個々のケアプログラムや予防的メンテナンスを迅速かつ簡単に作成、更新、伝達できます。

PLAYER WELLNESS
(選手の健康管理)

プレーヤーの身体的、精神的、栄養的、回復状態を完全に把握できます。

アドオン機能

RISK ADVISOR
(リスクアドバイザー)

AI(機械学習)を使用して、どの選手の怪我リスクが高いか、そしてその理由を評価します。 最も注意が必要な選手に焦点を当て、リスクを生み出している根本原因に対処するための実用的な知識を得ることができます。

関連するソリューションに機能の追加が可能です。詳細はお問い合わせください。

COACHING &
DEVELOPMENT
(コーチングと育成)

チーム、リーグ、国の競争力を向上させるために、コーチやタレントプールを一貫して見極め、育成する包括的なリーグ全体のシステムを構築します。

Development Principles & Curriculum Management
選手育成の原則とカリキュラム管理

パスウェイを体系化し、プレーの原則や移籍市場で重要視される特性に沿った育成の各段階のシラバスで、再現性のある成功を生み出します。

INDIVIDUAL DEVELOPMENT PLANS
個人開発計画

「技術的、戦術的、身体的/精神的、社会的」な成長を最適化するための個人目標と行動計画の設定。トレーニング、ゲーム、講義、栄養、ウェルネスのデータを用いて、進歩を客観的に測定。

Assessments & Benchmarking
評価とベンチマーク

数値評価、レビュー、テストのデータを収集および統合して、他の選手や集団と比較して選手のパフォーマンスや成長を評価。

Session Planning & Analysis
セッションプランニングと分析

パフォーマンスと育成の目標に沿ったトレーニング計画を作成して伝達。セッションの活動と質、選手の参加と評価を追跡して分析。

Game Planning & Analysis
ゲームプランニングと分析

試合登録メンバーの作成と共有、試合結果、チーム編成、選手のパフォーマンス、出場時間、懲戒処分の追跡と分析。

Communication & Player Engagement
コミュニケーションと選手参加

リアルタイムのメッセージングとカレンダーの一元管理により、選手、コーチ、スタッフの連携が容易に可能。

LEAGUE
OPERATIONS
(リーグ運営)

リーグ全体のプロセスを合理化し、シーズン全体を通して日々の活動から選手、関係者、チームの活動を記録します。

PLAYER REGISTRATION
(プレーヤー登録)

選手が所定のリーグに登録し、リーグが要求するすべての必要な情報を提供できるようにします。

STAFF & OFFICIALS REGISTRATION
(スタッフ&オフィシャル登録)

コーチとオフィシャルが簡単にリーグに登録できるようにし、リーグが必要とする全ての情報を提供します。

FIXTURE MANAGEMENT
(試合運営管理)

スケジュールや場所の詳細を確認し、統合的に自動化されたシステムで他のチームと変更を調整できます。

MATCH REPORTING
(試合報告)

試合結果、スコア、懲戒処分を報告します。

DISCIPLINE TRACKING & ELIGIBILITY
(懲戒記録と資格)

懲戒処分を記録し、選手に対するその後の制限や罰則を実施します。

DIGITAL MATCH ROSTERS
(デジタル試合登録)

試合登録の入力と記録ができます。

PERFORMANCE
OPTIMIZATION
(パフォーマンス最適化)

個々のアスリートの全体像を把握できるツールやインサイトを使って、チーム独自のアプローチに対応できるアスリートを育成しましょう。

SESSION PLANNING
(セッションプランニング)

組織独自のプレースタイルに合わせたトレーニングセッションの詳細な計画を立て、追跡します。 組織全体のコミュニケーションを簡素化し、各セッションの目標について全員の意識を合わせます。

PLAYER STATUS
(プレーヤーの状態)

キーとなる選手評価指標とその評価指標を用いた選手のステータスを、カスタマイズ可能なダッシュボードで確認することにより、どの選手に注視する必要があるかを知ることができます。

PLAYER PROFILING & BENCHMARKING
(選手プロファイリングとベンチマーキング)

パフォーマンスにとって重要なすべての指標を用いて、学生アスリート一人ひとりの全体像を把握することができます。 現在の状況、これまでの状況、他の選手との比較などを分析することができます。

GROUP REPORTING & ANALYSIS
(グループレポートと分析)

トレーニング内容、ウェルビーイング、リカバリー、ゲームパフォーマンスに関する、グループごとやチーム全体のアクティビティ、トレンド、ステータスを360度全方位から把握できます。組織内のさまざまな役職に応じて設定可能かつ、データの並べ替えが可能なレポートにより管理が容易になります。

ASSESSMENTS
(評価)

コーチ、パフォーマンススタッフ、メディカルスタッフなどからの評価、レビュー、テストデータ、査定データをスマートフォン、タブレット、コンピューターから収集。 スコア付けは定量的に、入力は定性的に行うことで、選手に関する詳細な情報を記録し、利用できるようにします。

PARTICIPATION MANAGEMENT
(参加管理)

傷害が出場機会に与える影響を理解し、傷害によりどのように活動を制限、変更、または実施しないようにすべきかを通知します。

OLYMPIC CYCLES
(オリンピックサイクル)

オリンピック選手のニーズは特殊です。 オリンピックのサイクルは長く、オリンピック選手がプレーするスポーツの種類は多岐にわたるため、何年にもわたって進歩を記録できる総合的かつ柔軟なツールが必要なのです。”

取引先:

このパートナーシップは、クラブとプレミアリーグがデータを活用し、すべてのクラブアカデミーでエリート選手の育成と個人の成長をサポートする方法において、大きな発展を意味する。
Kitman LabsとColumbus Crew (コロンブス・クルー)はともに、スポーツにおけるデータの活用方法を根本的に変え、パフォーマンスを最適化し、怪我のリスクを軽減し、オペレーションをサポートし、最終的にはトップチームからサブチーム、アカデミーに至るまで、組織のあらゆる側面で成功を導くことに深くコミットしています。
また、Kitman Labsのチーム自体も、データの意味を理解する手助けをしてくれる一方で、データを使ってさらにできることを教えてくれる素晴らしいチームです。

TONY SCHOLES (トニー・ショレス)

Chief Football Officer (チーフ・フットボール・オフィサー)

TIM BEZBATCHENKO(ティム・ベズバチェンコ)

President & General Manager(社長兼ゼネラルマネージャー)

ANDREAS GEORGSON
(アンドレアス・ジョルグソン)

Technical Director
(テクニカルディレクター)

OUTCOME STORIES(成功体験)

Oakland Roots(オークランドルーツ)

サイロ化から統合化されたビューへ

オークランドルーツSCにとって、データはこれまで問題ではなかった。 しかし、時代遅れのスプレッドシートに縛られ、データが氾濫していたため、収集したデータを効率的に共有したり、そこから学んだりすることができなかった。 Kitman Labsは、練習計画から選手育成まで、すべてを統合したビューを提供し、客観的なスコアと評価を与え、メディカル、テクニカル、パフォーマンスのデータをひとつ屋根の下にまとめました。

Burnley (バーンリー)

組織の効率化を推進

バーンリーF.C.は、サッカー界においてデータとテクノロジーが特に重要であると常に考えており、データそのものと同様に、データを取り巻く組織構造が重要であることを理解しています。Kitman Labsによって、バーンリーはスポーツ科学から選手獲得、コーチングに至るまで、すべての部門で効率化を実現し、組織全体でデータの単一ビューを使用してこれらの部門をまとめることができました。 Kitman Labsの導入により、バーンリーはスポーツ科学から採用、コーチングに至るまで、すべての部門で効率化を実現し、組織全体でデータを一元管理できるようになった。

Malmo(マルメ)

組織の未来

マルメFFは100年以上の歴史がありますが、その焦点は常に未来に向けられています。 旧来の選手管理ツールの範囲と機能は限られており、成功を導くために必要な先進的な発想ができませんでした。 Kitman Labsに切り替えたことで、情報をオープンに共有でき、必要に応じて計画や変更を行えるカスタマイズが可能なプラットフォームが手に入り、真に将来を見据えた組織となりました。

次ページアウトカムストーリー

Announcement

Bayer Leverkusen Renews and Expands Deal with Kitman Labs ‘Intelligence Platform’

On the heels of winning the Bundesliga championship title – the first in Club history – a European record-setting winning run and a six-year pre-existing partnership with Kitman Labs, Bayer Leverkusen announces the extension and expansion of their relationship with Kitman Labs to include the entire Academy.

YOU ARE NOW ENTERING THE
AMERICAN
ENGLISH SITE
REDIRECTING TO