お問い合わせ
OUTCOME STORY

サイロは廃止 マルメFFとのクラブデータ・コラボレーションが実現。

マルメFFのテクニカル・ディレクター、アンドレアス・ゲオルグソンが、メディカル、フィットネス、選手管理のデータを組織全体に自由に行き渡らせるという課題への取り組みについて語る。

SHARE

Share via email

TRANSCRIPT

私の経歴はマルメから始まっているんだ。 私は15年前にアカデミーで働き始め、コーチとしてスクールのセッションやアカデミーのセッションに多く参加した。 イングランドに行って2年間他のクラブで働き、その後スポーツ・ディレクターとして戻ってきた。

Kitman Labsは、クラブ内、部門間、チーム間、ストップ内を問わず、情報が自由に流れるようにするという私たちの課題を解決してくれる。 同時に、データ収集やデータ管理に関しても、ある意味、将来を見据えたものにしたいと考えている。 そして、それを統一して1つの場所に置くことで、時間の経過とともに失われたり、異なるシステムにあって互いに通信できなかったりするリスクを回避する。 実は、選手管理ツールもあったのですが、それはサッカーのコーチングに特化したもので、キットマンはその一部を代替するものでした。

Kitmanを選んだ大きな理由は、彼らが最初にこれらのハードルについて非常に明確に説明してくれたこと、そして組織がこれらのハードルを乗り越えるために、リマインダーや新機能を紹介するアポイントメントの設定などのサポートが必要であることを知っていたことだ。 時間がないような……立ち止まる時間がないような……そして、どうしたんだ?

RELATED VIDEOS

バーンリーF.C.とデータの一元化

バーンリー・フットボール・クラブのアカデミー・ディレクター、ポール・ジェンキンス氏が、アカデミーのリクルート、コーチング、育成の目標のために、すべてのデータを1つのシステムで管理することの価値について語ります。

オークランド・ルーツSCで実用的なデータを作成する

オークランド・ルーツSCのテクニカル・ディレクター、ジョーダン・フェレルが、エクセルで行っていたケガの報告から、メディカル、パフォーマンス、トレーニングセッションのデータを1つのプラットフォームに統合したクラブについて語る。

Announcement

Bayer Leverkusen Renews and Expands Deal with Kitman Labs ‘Intelligence Platform’

On the heels of winning the Bundesliga championship title – the first in Club history – a European record-setting winning run and a six-year pre-existing partnership with Kitman Labs, Bayer Leverkusen announces the extension and expansion of their relationship with Kitman Labs to include the entire Academy.

YOU ARE NOW ENTERING THE
AMERICAN
ENGLISH SITE
REDIRECTING TO